メガネの色で知的さを演出したい

普段メガネを選ぶときに、皆さんはどのようなポイントで選んでいますか?形や色、そのときの流行など、さまざまなポイントがあります。 メガネは顔につけるため相手の目に入りやすく、相手にいろんな印象を与えます。色彩心理学などもあるように、特にメガネのフレームの色は、相手へ与える印象に大きく左右します。逆に考えると、メガネのフレームの色で相手に与える印象を演出することも可能ともいえます。そのため、フレームの色選びは非常に重要なポイントになってきます。 例えば、ビジネスや就職活動、初めてのデートなど、自分を知的にみせたいシーンはありませんか?そんな時、ブルーのフレームを選択することをおすすめします。色彩心理学で青色は、落ち着きや冷静、誠実さなどを意味しています。 青色をうまく取り入れて、知的さを演出してみましょう。

より自分に似合う青色のフレームを選びたい

一言と青色といっても、水色に近い明るいものからネイビーに近い落ち着いたものまであり、どんな色を選ぶか悩むポイントでもあります。

ビジネスや就職活動などスーツを着る場面では、相手に与える印象がその結果にも影響も与えることがあります。青色のメガネだけが浮いていたら逆効果です。そして、カジュアルな服装の人であれば、明るめの青でさわやかに知的さを演出できます。女性のかたには、甘めな服装に青色のメガネをアクセントにして、バランスのとれたコーディネートで知的にみせるのもよいでしょう。

また、自分の肌の色や髪の色に合ったものを選ぶという方法もあります。ぜひこの機会に、パーソナルカラー診断を参考にしてみてください。

それぞれのシーンや自分に合った青色のフレームのメガネを見つけて、知的な自分を演出してみましょう。

めがねは視力を矯正するものですが、顔の印象に大きく関わってきます。そのため選ぶ場合には、顔の形などを考慮して選ぶと似合うものを見つけることができます。