縦幅がしっかりとあるメガネフレーム

面長の人は、顔の縦幅が長いことが特徴で、比較的フレームの形を選ばない顔の形といわれています。しかし、その中でも顔のコンプレックスを少なくしたいと考えているのならば、縦幅があるメガネフレームを選ぶとよいでしょう。縦のサイズがたっぷりあるメガネフレームは、メガネ部分に視線をやり、顔の長さの印象を薄くさせる効果があります。正方形に近い形のウェリントンタイプのメガネフレームは、縦幅が広く顔を短く見せてくれます。大きく丸みのある逆三角形のボストンタイプのメガネフレームも、顔の縦幅の印象を弱めてくれるでしょう。下側だけにフレームがあるアンダーリムのフレームも、顔の下側にアクセントを持たせ、顔を短く見せることが可能です。

反対にハーフリムやオーバルタイプ、スクエアタイプは避けるとよいでしょう。

フレームによって印象は大きく変わる

面長の顔の印象を薄めるだけではなく、プラスして見せたい印象を出すこともメガネフレームで実現できます。顔の長さを薄めるとともに優しい印象を与えたい場合には、角がない丸みを帯びたメガネフレームを選ぶとよいでしょう。フレームの色も暖かみのある色を選ぶと効果的です。ボストンタイプとはじめ、縦幅の深いオーバルタイプもよいです。知的な印象を与えたい場合には、縦幅の深いスクエアフレームが良いとされています。スクエアタイプだけだと、顔の縦の長さを強調してしまうので、スクエアかつ縦幅が広いということが重要です。小顔効果を狙いたい場合には、ウェリントンタイプのフレームが良いでしょう。フレームが太く寒色系の色のフレームを選べば、顔を小さく見せてくれます。